クラシック音楽へのおさそい〜Blue Sky Label〜

FLAC モノラルファイルデータベース>>>Top

ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 Op.88

レーマン指揮 バンベルグ交響楽団 1953年3月6〜7日録音

  1. ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 Op.88 「第1楽章」
  2. ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 Op.88 「第2楽章」
  3. ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 Op.88 「第3楽章」
  4. ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 Op.88 「第4楽章」



一度聞けば絶対に忘れないほどの美しいメロディーです

メロディーメーカーと言われるドヴォルザークですが、ここで聞くことのできるメロディーの美しさは出色です。
 おそらく一度聞けば、絶対に忘れることのできない素晴らしいメロディーです。

 ユング君がこのメロディーに初めてであったのは、車を運転しているときでした。いつものようにNHKのFM放送を聞きながら車を走らせていました。おそらく何かのライヴ録音だったと思います。
 第2楽章が終わり、お決まりのように観客席の咳払いやざわめきが少し静まったころを見計らって、第3楽章の冒頭のメロディーが流れはじめました。
 その瞬間、ラジオから流れる貧弱な音でしたが、ユング君は耳が釘付けになりました。

 それは、今まで聞いたことがないような、この上もなく美しく、メランコリックなメロディーでした。
 その頃は、クラシック音楽などと言うものを聞き始めて間もない頃で、次々と新しい音楽に出会い、その素晴らしさに心を奪われると言う、本当に素晴らしい時期でした。そんな中にあっても、この出会いは格別でした。

 実は、車を運転しながら何気なく聞いていたので、流れている音楽の曲名すら意識していなかったのです。第4楽章が終わり、盛大な拍手が次第にフェイドアウトしていき、その後アナウンサーが「ドヴォルザーク作曲、交響曲第8番」と読み上げてくれて、初めて曲名が分かったような次第です。

 翌日、すぐにレコード屋さんにとんでいったのですが、田舎の小さなお店ですから、「えぇ、ドヴォルザークって9番じゃなかったですか?」等とあほみたいな事を言われたのが今も記憶に残っています。
 クラシック音楽を聴き始めた頃の、幸せな「黄金の時代」の思い出です。

剛直なドヴォルザーク


今となってはほとんど忘れ去られた存在となっているフリッツ・レーマンです。しかし、それは彼の実力に起因するものではなく、まさにこれからと言うところで「無念の死」を遂げてしまったことによります。
フリッツ・レーマンはロッテ・レーマンの弟として1904年にドイツのマンハイムで生まれ、1956年にバッハのマタイ受難曲を演奏しているときに死去しました。本来はかなり幅広いレパートリーを持った指揮者だったのですが、一般的にはバッハやヘンデルの声楽をともなった作品の演奏に定評がありました。そのため、グラモフォンが音楽史分野のカタログを充実させるために「アルヒーフ」レーベルをおこしたときに、その中心となるべき指揮者として彼を登用したほどです。ところが、このアルヒーフが本格的に活動を始めた矢先にわずか51才で劇的な死を迎えてしまうことになります。レーベルの中心的な人物を失ったアルヒーフは少しばかりの混乱の後に、レーマンの後釜に据えたのがリヒターでした。そして、アルヒーフはその後はこのリヒターを中心としてカタログを充実させていくことになりますし、その中で20世紀の録音史に燦然と輝く金字塔を築き上げていくことになります。
歴史に「イフ」はありませんが、もしもレーマンにあと10年の時間があれば、この分野における様相は全く異なったものになっていたはずです。

さて、このドヴォルザークの8番ですが、以前に紹介したフランクのシンフォニーとは違って実に剛直な造形です。第2楽章などはボヘミヤの古城と言うよりはゲルマンの森にひっそりと息づく古城のように聞こえます。
レーマンと言えば新即物主義の旗手の一人でしたから、こういう造りの方が彼の資質にマッチングしているように聞こえます。ヨーロッパの田舎オケという風情のバンベルク響の生成りの響きも魅力的です。