クラシック音楽へのおさそい〜Blue Sky Label〜


FLAC モノラルファイルデータベース>>>Top

J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068


ヴァーツラフ・ターリヒ指揮:スロヴァキア・フィルハーモニ室内管弦楽団 1950年6月9日録音をダウンロード

  1. J.S.Bach:Orchestral Suite No.3 in D major, BWV 1068 [1.Ouverture]
  2. J.S.Bach:Orchestral Suite No.3 in D major, BWV 1068 [2.Air]
  3. J.S.Bach:Orchestral Suite No.3 in D major, BWV 1068 [3.Gavotte I-II]
  4. J.S.Bach:Orchestral Suite No.3 in D major, BWV 1068 [4.Bourre]
  5. J.S.Bach:Orchestral Suite No.3 in D major, BWV 1068 [5.Gigue]

ブランデンブルグ協奏曲と双璧をなすバッハの代表的なオーケストラ作品



ブランデンブルグ協奏曲はヴィヴァルディに代表されるイタリア風の協奏曲に影響されながらも、そこにドイツ的なポリフォニーの技術が巧みに融合された作品であるとするならば、管弦楽組曲は、フランスの宮廷作曲家リュリを始祖とする「フランス風序曲」に、ドイツの伝統的な舞踏音楽を融合させたものです。

そのことは、ともすれば虚飾に陥りがちな宮廷音楽に民衆の中で発展してきた舞踏音楽を取り入れることで新たな生命力をそそぎ込み、同時に民衆レベルの舞踏音楽にも芸術的洗練をもたらしました。
同様に、ブランデンブルグ協奏曲においても、ともすればワンパターンに陥りがちなイタリア風の協奏曲に、様々な楽器編成と精緻きわまるポリフォニーの技術を駆使することで驚くべき多様性をもたらしています。

ヨーロッパにおける様々な音楽潮流がバッハという一人の人間のもとに流れ込み、そこで新たな生命力と形式を付加されて再び外へ流れ出していく様を、この二つのオーケストラ作品は私たちにハッキリと見せてくれます。

ただし、自筆のスコアが残っているブランデンブルグ協奏曲に対して、この管弦楽組曲の方は全て失われているため、どういう目的で作曲されたのかも、いつ頃作曲されたのかも明確なことは分かっていません。
それどころか、本当にバッハの作品なのか?という疑問が提出されたりもしてバッハ全集においてもいささか混乱が見られます。

疑問が提出されているのは、第1番と第5番ですが、新バッハ全集では、1番は疑いもなくバッハの作品、5番は他人の作品と断定し、今日ではバッハの管弦楽組曲といえば1番から4番までの4曲ということになっています。


  1. 管弦楽組曲第1番 ハ長調 BWV1066
    荘厳で華麗な典型的なフランス風序曲に続いて、この上もなく躍動的な舞曲が続きます。

  2. 管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
    パセティックな雰囲気が支配する序曲と、フルート協奏曲といっていいような後半部分から成り立ちます。終曲は「冗談」という標題が示すように民衆のバカ騒ぎを思わせる底抜けの明るさで作品を閉じます。

  3. 管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068
    この序曲に「着飾った人々の行列が広い階段を下りてくる姿が目に浮かぶようだ」と語ったのがゲーテです。また、第2曲の「エア」はバッハの全作品の中でも最も有名なものの一つでしょう。

  4. 管弦楽組曲第4番 ニ長調 BWV1069
    序曲はトランペットのファンファーレで開始されます。後半部分は弦楽合奏をバックに木管群が自由に掛け合いをするような、コンチェルト・グロッソのような形式を持っています。




ターリッヒによるバッハ演奏というのはかなり珍しい


ターリッヒによるバッハ演奏というのはかなり珍しいのではないでしょうか。詳しく調べたわけではないのですが、私の手もとにはこの録音以外には見あたりませんでした。
しかし、その理由がこの録音を聞いて何となく分かるような気がしました。

言うまでもないことですが、この1950年代というのはバッハ演奏において大きな転換点となった時期です。簡単に言えば、それまでのロマンティックなバッハから謹厳で厳しいバッハへと、そして何よりも対位法の作曲家としてのバッハが再認識されるようになったのです。その旗手となったのが、この演奏よりは少し先の時代になるのですが、リヒターでありグールドであったりしたわけですが、すでに40年代の終わり頃にはミュンヒンガーたちによる新しい動きも芽生えはじめていました。さらに言えば、すでに戦争前の時代かエアも、ランドフスカに代表されるような形でのロマン主義的歪曲からの脱却の動きは始まっていました。

そう言う時代の中においてこの演奏を聞けば、最初の「序曲」は疑いもなく古色蒼然たる解釈です。それは、古き時代の「ロマンティックなバッハ」像をそのまま引き継いでいます。そして、おかしな言い方になるのですが、そのまま「古色蒼然」で塗り固めてくれていれば、それはそれで今の時代からすれば面白いのですが、演奏が進むにつれて少しずつ様子が変わってきます。
まあ、続く「アリア」はかなりロマンティックではあるのですが、最初の「序曲」に続くならばもう少し甘くなっても不都合はないでしょう。そして、それに続くテンポの速い3曲、「Gavotte」「Bourre」「Gigue」になると、「序曲」で見せた古さはどこかに吹き飛んで随分と直線的でスッキリとした表現に変化していってしまうのです。

つまりは前半と後半で音楽の雰囲気が自分と変わってしまうのです。そして、その変わってしまう背景に、時の流れを見ながら、「さて、この時代、バッハほどう演奏すべきなのか」と考え込んでいるターリッヒの姿みたいなものが浮かび上がってくるのです。
ターリッヒという人はいろいろと目配りが聞いて、時々の要求にあわせてスタイルを変えることの出来る器用さを持った人のように思うのですが、その器用さ故にバッハというのはどうにも料理しにくく感じたのかもしれません。

欲を言えば、最初の「古色蒼然」のままに最後まで塗り固めてくれていれば面白かったのに、等というのは気楽な聞き手の戯言なのかもしれません。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ