クラシック音楽へのおさそい〜Blue Sky Label〜


FLAC モノラルファイルデータベース>>>Top

ベートーベン:ピアノソナタ第26番「告別」


シュナーベル 1933年4月13日録音をダウンロード

  1. ベートーベン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 Op.81a 「告別」 「第1楽章」
  2. ベートーベン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 Op.81a 「告別」 「第2楽章」
  3. ベートーベン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 Op.81a 「告別」 「第3楽章」

大公にさえあの告別は捧げられていません。



ベートーベンのもっとも有力なパトロンであったルドルフ大公が、ナポレオンのオーストリア侵入のためにウィーンを離れなければならなくなり、それを契機として作曲されたソナタだと言われています。

戦争自体はすぐに集結して、やがて大公もウィーンに帰還したために、それぞれの楽章に「告別」「不在」「再会」と表題がつけられています。これらの表題は構成の人が勝手につけた物ではなくベートーベン自身がつけた物です。
ただし、本人もそのような表題を付すべきかどうかずいぶんと悩んだようです。

作品としては中期の作品らしく派手な技巧を披露していますが、それでいながらがむしゃらに驀進していく姿は影を潜めています。また、対話的な部分も多くてそこに愛の語らいを見る人もいます。
ベートーベン自身も「この作品は大公にさえ捧げられていません」と語っています。

そんなこんなで、これは誰への告別のソナタだったのかと想像をたくましくさせる作品でもあります。


ピアノソナタ26番「告別」 Op.81a 変ホ長調


第1楽章
 「告別」 アダージョーアレグロ 変ホ長調 4分の3拍子ー4分の2拍子 ソナタ形式
冒頭の三つの音符に「Lebewohl」の言葉がつけられていて、この動機が楽章全体に頻出します。
第2楽章
 「不在」 アンダンテ・エスプレッシーヴォ ハ短調 4分の2拍子
第3楽章
 「再会」 ヴィヴァチッシマメンテ 変ホ長調 8分の6拍子

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)