クラシック音楽へのおさそい〜Blue Sky Label〜


FLAC モノラルファイルデータベース>>>Top

ベートーベン:ピアノソナタ第13番


シュナーベル 1932年11月1日録音をダウンロード

  1. ベートーベン:ピアノソナタ第13番 変ホ長調 Op.27-1 「第1楽章」
  2. ベートーベン:ピアノソナタ第13番 変ホ長調 Op.27-1 「第2楽章」
  3. ベートーベン:ピアノソナタ第13番 変ホ長調 Op.27-1 「第3楽章」
  4. ベートーベン:ピアノソナタ第13番 変ホ長調 Op.27-1 「第4楽章」

おそらくはもっとも有名なピアノ曲の一つでしょうね。



幻想曲風ソナタと題したのはベートーベン自身であり、そこからはっきりと彼がこの作品にあたえようとした音楽的な方向性を見て取ることができます。
当時のベートーベンはこのピアノソナタという形式を使って様々なチャレンジを繰り返していましたが、これもまたそのようなチャレンジの一つであることは明らかです。

とりわけ作品1の方はソナタと言いながら一つもソナタ楽章を持たない作品で、どちらかと言えば即興曲のような雰囲気を持っています。待たすコアを見てみると終結の縦線がないことから全曲が通して演奏されることを想定していたとも言えます。
その意味でも、この二つの作品が「二つの幻想ソナタ」ではなくて「幻想風ソナタ」となっていることも納得がいきます。

なお、あまりにも有名な月光ソナタですが、このネーミングはベートーベンが与えた物ではありません。後世ににとある詩人がこの作品の第1楽章を評して「ルツェルン湖の月光の波にゆらぐ小舟のようだ」と語ったことに由来します。


二つの幻想曲風ソナタ Op.27


第1楽章
 アンダンテーアレグローアンダンテ 変ホ長調 2分の2拍子(アンダンテ) 8分の6拍子(アレグロ) 三部形式 
第2楽章
 アレグロ・モルト・エ・ヴィナーチェ ハ短調 4分の3拍子 スケルツォ(?)
第3楽章
 アダージョ・コン・エスプレッシオーネーアレグロ・ヴィヴァーチェ 変イ長調 4分の3拍子
前半のアダージョの部分を一つの楽章と見なす人もいます。と言うのも、その部分だけで完結した三部形式と見なすことができおるからで、まさに一遍の叙情詩とも言うべき音楽です。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)